トラウマを克服したい人必見の本、こんなに簡単なことだったんだと目からうろこです!

それ、あなたのトラウマちゃんのせいかも? あなただけの簡単な言葉を唱えるだけで、”いまここ”で楽になる!
SPONSORED LINK

読み終わって「なぜ早く教えてくれなかった?」と思わず言いたくなる!

分厚い390ページもあって、読みごたえがある本ですが

「トラウマからの解放」「無意識に入っている思い込みからの脱却」が出来る!

もちろん、心理学なんて習ったことのないバカな私でも、難解な専門用語が無い為か、読み進めることが出来ました。

 

書いてあることは

 

心の奥底に隠れている恐怖を特定し

その“根柢の恐怖”を目を開けたまま7回唱えることにより心の平穏を取り戻せるという物。

 

この本で難しいのが“根柢の恐怖”を特定する作業なんだと思います。

心の奥底に潜む恐怖を探る方法

今、怒っていること、不安になっている下に潜んでいる恐怖。今の怒りや不安などの感情にあえて浸ってみて、その感情の下に降りて底にある恐怖を確かめてみる

という作業で、

その恐怖に浸ってみた時に、脳内の恒常性によってその恐怖に働き浸り続けることが出来ないのが根柢の恐怖となる。

 

ということだそうです、理解するのに時間がかかりましたが・・・

例題が本の中の161ページあたりに書いてあるのでぜひ読んでもらえば理解が早いです。

答えは人によって違うと思うので・・・

 

 

この本を実践してみると、心が少し楽になってくる

 

しかし、波のようにまた他の嫌な記憶がよみがえったりしてくる。

 

そうしたら同じように

 

●嫌な記憶

●恐怖の特定

●目を開けて7回唱える

 

をくり返す。

 

 

トラウマで頭がパンパンになって、何も考えられなくなってしまっている自分が、一変して楽になっているのに気づきました。

 

 

尚、この本の後半部分は

「○○の恐怖」×7を唱える

を連呼しています。

ここが最重要なことだと理解しました。

 

まとめ

 

やってみて効果が実感出来たので、これはオススメです。

それ、あなたのトラウマちゃんのせいかも? あなただけの簡単な言葉を唱えるだけで、”いまここ”で楽になる!

私は、よく眠れるようになりました!

 

著者経歴

大島信頼(おおしま のぶより)

米国・私立アズベリー大学心理学部心理学科卒業。

アルコール依存症専門病院、周愛利田クリニックに勤務する傍ら東京都精神医学総合研究所の研究生として、また嗜癖(しへき)問題臨床研究所付属原宿相談室非常勤職員として、依存症に関する対応を学ぶ。嗜癖(しへき)問題臨床研究所原宿相談室室長を経て、株式会社アイエフエフ代表取締として勤務。現在、株式会社インサイト・カウンセリング代表取締役。

SPONSORED LINK