フリトレー マイクポップコーン バターしょうゆ味 を食べて見た

SPONSORED LINK

凄い!11年間売上ナンバーワンポップコーンだそうです。

フリトレー マイクポップコーン バターしょうゆ
では早速食べちゃいます、袋を開けるとバターとポップコーンの良い香りがしますね。
一つ取ってパックっとやってみると、美味しいですねこれ!ちょうど良い塩加減にバター醤油がたまりません。
味が濃いと言う方もおりますが、おっさんの私には濃いめがちょうど良いです。
フリトレー マイクポップコーン バターしょうゆ
ポップコーンに詳しく無いので、この商品も良く知らなかったのですが
ずいぶんと歴史がある商品のようです。
ポップコーンならこれと言う方が多いようです。

実を言うと、私はポップコーンの食感がそれほど好きでは無かったのですが
(ふにゃっとした歯触りと、トウモロコシの固い部分?がたまにあることが)
それを差し引いても、後を引く美味しさがありました。

フリトレー マイクポップコーン バターしょうゆ味
—————————————————-
美味しいよーヽ(´ー`)ノ .:*:・’゚☆。.:*:・’゚★。.:*
ジェーソン(ディスカウントストア)で1袋59円で購入しました。
—————————————————-
東京晴海にてポップコーンのサンプリング(第2回国際見本市)が行われました。
この見本市で使用されたポップコーン原料・機械を輸入して、マイクポップコーン有限会社を設立し、日本初となる袋入りポップコーン(マイクブランド)を発売したのが1957年です。
ブランド化されたポップコーンとしては、一番歴史の深い商品です。
1958年にはこのブランド名自体が会社名となったこともある由緒ある商品です。

おなじみの「バターしょうゆ味」は1983年に日本で最初の
バターしょうゆ味のポップコーンとして開発・発売しました。
しお味ではないフレーバーとして、スナックカテゴリーに多大な影響力を及ぼし、
他の追随を許さない味と品質を現在も提供し続けています。
—————————————————
原材料
コーン(遺伝子組換えでない)、植物油、醤油パウダー、食塩、ぶどう糖、砂糖、麦芽糖、カツオエキスパウダー、バターパウダー、ホエイパウダー(乳製品)、たん白加水分解物、酵母エキスパウダー、昆布エキスパウダー、エビエキスパウダー、チキンエキスパウダー、調味料(アミノ酸等)、香料、カラメル色素、(原材料の一部に小麦、豚肉を含む)
—————————————————-
栄養成分表
(1袋(50g)当たり)
エネルギー・・・244kcaL
たんぱく質・・・4.9g
脂質・・・12.7g
糖質・・・24.9g
食物繊維・・・5.2g
ナトリウム・・・478mg

SPONSORED LINK